最近の高校入学試験

面接

スタンダードになっている

最近は高校入試の方法も多様化してきて、今までの学力試験に加えて面接試験を行うところが増えています。高校入試の面接では、どんな質問がされるのでしょうか。高校入試の面接の目的は学力試験では見えてこない部分、その人がどんな人かを知ることです。多くの場合、まずは志望理由を質問されます。これはどこの高校入試でもほとんど共通する質問です。事前にホームページやパンフレットで調べたり、学校説明会に行って答え方を準備して高校入試で戸惑わないようにしましょう。オープンスクールや学校説明会に来た回数を質問されることもあります。そのとき印象に残ったことも一緒に話せるようにします。また多くの場合は学校の教育理念を聞いてきます。

特殊な問い

学校によってはその人の趣味や特技を聞いてくるところもあります。また最近読んだ本とその感想を聞かれる学校も多いです。伝記は尊敬する人と絡めて話せるので、入試前に読んでおくといいでしょう。高校入学後に頑張りたいことを聞かれることも面接は多いです。部活動や生徒会活動、勉強など志望理由と絡めて話せるのが理想的です。学校によっては制服をきちんと着られるか、制服を着ることの意味を質問するところもあります。受験する学校ならではの質問もあると思うので、事前に調べておきましょう。政治に関連する質問をされるのも高校入試です。現在の総理大臣、与党と野党は答えられるようにできるだけ新聞を読みましょう。新聞を読むかどうか質問される場合もあります。