予備校の活用方法

医師

個別の質問がしやすい環境

福岡県には国立の医学部が1つと私立の医学部が3つあり、医学部志望者が集まる地域であります。そのため福岡県内には医学部予備校も充実していて、福岡やその周辺からの受験生も多いです。各医学部予備校はそれぞれ独自のスタイルを打ち出して、受験生からの支持を集めています。医学部予備校での大きな目標は医学部合格であるため、受験生一人一人に合わせたサポート体制が整っていることが学校選びのポイントです。入試データや最新の受験情報を正確に把握しているスタッフがいる医学部予備校を選ぶべきですが、それらの情報を引き出すためには個別の質問がいつでもできる体制になっていることが肝心です。特に現役医学部生のチューターがいる医学部予備校は、年齢も近く質問しやすいためおススメです。

特待生制度を利用する

福岡県には医学部が多いですが周辺の山口県や熊本県などにも医学部があるため、県内には医学部予備校が充実しています。予備校がたくさんある分選択肢が多いですが、学校選びは慎重に行う必要があります。とくに医学部予備校は学費が高いため、経済的な負担は大きくなる傾向です。少しでも負担を軽くしたい場合は、学校の特待生制度を積極的に活用しましょう。特待生制度の基準を満たせば一部の学費が免除されるので、費用負担を減らせるメリットがあります。特待生制度の試験は年度前の2〜3月にかけて行うところが多く、惜しくも前年度の受験に失敗した人はまだ知識が定着している期間にテストを受けられるので、積極的に活用するのがおススメです。